連成解析とは

複数の異なる現象をお互いの影響を考慮しながら解析すること。流体と構造体の連成では、フラッタのように流れが構造体を変形させ、それにより発生した流体力がまた構造体を変形させる。このように、お互いの解析結果が、影響をおよぼし合っているときは同時解析が必要になる。連成解析には強連成と弱連成があり、前者は基礎式のなかで達成させるのに対し、後者は平行して異なる基礎式を解き、時間ステップごとにデータのやりとりを行う。

連成解析の実例

耐候性、超軽量の空気で膨らました大型テント(5000㎥)

テントに外力(突風等)が加わった場合、破れ、破損等のトラブルで信用性が失われ、何処が責任を取るのか?
メーカーサイド/施行業者の範囲か?

耐風強度、変形挙動、作用圧分布等を流れ解析/構造解析の両方を活用する連成解析で解決します。